電子ピアノの査定額をアップさせる方法

電子ピアノを売却する場合、少しでも高い金額で買い取って欲しいですよね。一体どうしたら電子ピアノの査定額をアップさせることが出来るのでしょうか?今回は査定額をアップさせる方法をご紹介します。

その1:状態を良くする

当然はありますが、状態が良くない電子ピアノは例え元の価格が高価なものや、製造年が新しいものでも、査定額は低くなりがちです。まずは以下の項目をチェックしてみましょう。

1.電子ピアノに大きな傷や、塗装の剥げはないか

2.ペダルや鍵盤、音などの機能面で不具合が無いか

3.水漏れや地震などによる、電子ピアノ内部へのダメージはないか

もしご自身が売却を検討している電子ピアノがとても高価なものや、色や形、機能面で人気が高い電子ピアノである場合、修理して売却するほうが査定額はアップし、結果として修理代を差し引いても以前より高い値段で売却できる可能性もあります。まずは売却するピアノの状態を確認してみましょう。

また、電子ピアノの査定額を少しでもアップさせるために、売りたい電子ピアノは少しでも綺麗に見えるようお掃除することも大切です。電子ピアノの側面を柔らかい布で拭いたり、鍵盤部分の指紋や汚れを拭き取ったり、自分で出来る限りのことをしておくことも、電子ピアノの査定額をアップさせる方法の1つです。但し、洗剤やアルコール溶剤、科学雑巾を使用すると傷や故障の原因になりますので、使用は避けるようにしましょう。

その2:付属品を全て揃える

電子ピアノを買った時に付属していた、取扱説明書やヘッドフォン、椅子、電源ケーブル、楽譜立て、メーカー保証書(保証期限内の場合)などの付属品は全てありますか?電子ピアノを売却するときは、電子ピアノ本体だけではなく、こうした付属品を全て揃えることも査定額をアップさせる方法の1つです。

に電源ケーブルは電子ピアノには必須の付属品ですので、電源ケーブルが無い場合は電子ピアノ本体では問題がなくても買い取りを拒否されることがありますのでご注意下さい。

また、楽譜立てや椅子といった付属品も、査定額が大幅に変動することがありますので、たかが付属品と侮ることなく、しっかりと電子ピアノに附属させ、電子ピアノの査定額をアップさせましょう。

その3:製造年を確認する

電子ピアノには、ピアノの鍵盤か本体の裏に製造年が記載されたステッカーが付いています。まずはその製造年を確認してみましょう。電子ピアノに限らず何でもそうではありますが、製造年が新しいものほど査定額がアップします。

また査定においては、12月と1月という1か月の違いでも年が変わることから「製造年」が1年ずれてしまいますので、12月に製造された機種はなるべく年が変わらないうちに売却するほうが査定額はアップします。

その4:査定依頼業者を選ぶ

電子ピアノの査定額をアップさせるためには、まず査定依頼業者を選ぶ必要がありますが、以下の点には特に注意をしましょう。

1.買い取り業者の買い取りエリア内に入っているか

電子ピアノの査定額が良いと評判の業者を選ぶことも大事ですが、その業者の買い取り範囲に自分の居るエリアが入っているかは非常に重要です。自分のエリアが業者の買い取り範囲内に入っていなければ、そもそも買い取りをして貰えませんし、買い取りをして貰えてもピアノの運送コストが嵩む為、電子ピアノの査定額自体をアップさせることは難しくなります。まずは電子ピアノの買い取り業者の買い取り範囲をチェックし、そのうえで電子ピアノの査定額が良い業者を選ぶと良いでしょう。

2.買い取り業者は自社の修理工場を持っているか

買い取り業者が自社で修理工場を持っている場合は、電子ピアノ自体の人気度にもよりますが、多少の不具合でも高い査定額を提示してくれることがあります。売却を予定している電子ピアノに、ちょっとした不具合がある場合は、そうした業者を選ぶことも電子ピアノの査定額をアップさせるコツとも言えます。

3.買い取り業者の得意分野をチェック

電子ピアノ買い取り業者といっても、買い取り業者はそれぞれ独自の流通経路を持っています。その為、買い取り業者が得意な電子ピアノというものが存在することから、得意な電子ピアノの買い取りの場合は、査定額がアップする傾向があります。よって、電子ピアノの査定額をアップさせるには、業者の得意とする種類の電子ピアノかどうかを、業者のHPから過去の買い取り実績を参照しつつ、検討してみると良いでしょう。

4.相見積もりを取ってみる

先ほどの3にも少々被りますが、電子ピアノの買い取り業者には得意分野・不得意分野があります。その為、いくつかの電子ピアノの買い取り業者に見積もりを依頼し、一番査定額が高い業者を選ぶことで電子ピアノを高く売ることが出来ます。また、他の業者が高く評価してくれた部分を一番査定額が高い業者に指摘し、更に査定額アップの交渉へと持ち込むことも、電子ピアノの査定額をアップさせるコツでもあります。交渉力に自信のある方は、試してみても良いでしょう。

ところで電子ピアノの査定額をアップさせる以前に、電子ピアノ買い取り業者の中には、その業者に売ると決めておらず、単に見積もりを依頼しただけで多額の出張費を請求する悪質な業者も居るようです。よって、そのような悪質な業者に間違って依頼しないよう、依頼予定業者の口コミのチェックや、電子ピアノの見積もりの際には出張費が掛かるかどうかを事前に問い合わせるようにしましょう。

電子ピアノの売却は、上記のようなちょっとした一手間を加えることで、査定額をアップさせることも可能です。大切なご自身の電子ピアノを満足のいく売却が出来るようしっかりと知識をつけることが大切です。