電子ピアノの価格帯と特徴

5万円〜15万円クラスについて

5万円クラスの電子ピアノは、コストパフォーマンスが良く、手軽に購入することができるモデルが多いと言えます。このクラスはキーボードが少しレベルアップしたようなピアノと考えておく必要があり、ピアノとしての表現力を求めるのは厳しいと考えておいた方がよいでしょう。また、音の出るスピーカーも小さめで、基本的に椅子も付属品として付いていないため、別途購入する必要があります。

10万円クラスになると、鍵盤を弾く強さによって、音色の強弱をつけることができるようになります。ピアノらしさは少し欲しいがなるべく予算は抑えたい場合に丁度良いでしょう。また、このクラスになると3本ペダルやスタンドがつき、据え置きタイプのピアノになります。椅子も付属してくる場合もあり、5万円のピアノと比べて少しグレードがアップします。

15万円クラスのピアノは、鍵盤を弾く強弱によって音色の音量の強弱が表現できるようになるなど、非常にピアノらしい表現ができるようになります。

生の音に近い音で練習を考えている人は、このクラス以上のピアノが良いでしょう。

20万円〜25万円クラスについて

ピアノメーカーがもっとも力を入れている価格帯が、この20万円〜25万円になります。

ピアノとして、音の奥行きが出てきて鍵盤や音がグランドピアノに近づいてきますので、弾いていても非常にグランドピアノに近い表現が可能になります。そのため、グランドピアノのように演奏に自分の色を出すことができます。様々な価格帯の中で、価格と性能のバランスが非常に良いモデルが多く販売されています。

30万円以上のクラスについて

30万円以上になると、グランドピアノに非常に近い最上級モデルの電子ピアノを購入することができます。このレベルの電子ピアノになると、実際に弾く時にもグランドピアノと同じ程度の音色や表現が可能になります。よりグランドピアノに近いピアノを探している人にはこの価格帯は非常におすすめです。

同じ電子ピアノでも、その価格帯によって表現力や音色に違いが出てきます。

よりグランドピアノに近い本格的なピアノ演奏がしたい場合には、価格帯は高くなりますが、機能面でも充実しているものを選ぶことが、後々後悔しないためにも大切です。