いらなくなった電子ピアノを処分する方法は?

もう電子ピアノは弾かない、と処分するとき、または買い替えをしたいと考えるようになったとき、電子ピアノの処分方法にはどういった方法があるかご存知でしょうか?電子ピアノの処分方法について紹介しましょう。

電子ピアノを自分で処分する方法

電子ピアノをゴミとして処分する方法があります。粗大ゴミとなりますから、処分する際には連絡が必要です。ゴミ置き場にそのまま放置しても持って行ってはくれないので、粗大ゴミとして必要な手続きを取りましょう。

市の受付センターへ連絡をして取りに来てもらいます。その際には粗大ゴミ処理券が必要です。地域によって費用は変わりますから、インターネットなどで確認するようにしましょう。

業者に下取りをしてもらう

<img src="https://kaitori-denshipiano.com/wp-
電子ピアノを処分する方法の一つに、販売業者に下取りしてもらう方法もあります。ただしあまり多くの楽器店などで下取りをしていないこともあり、高く下取りをしてもらえる可能性は少ないでしょう。そうはいっても、新しく楽器を購入する際、少しでも費用にあてることができるのはメリットです。

下取りをしてもらえなかった場合、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。ただし、電子ピアノの大きさなどにもよりますが、1万円程度かかることが多いようです。費用はかかりますが、家の中から運んでくれるというメリットがあります。

電子ピアノを買い取ってもらう方法

No035_02

電子ピアノを買い取ってもらう、というのも一つの方法です。高く買い取ってもらいたいと考えるなら、新しいほど買取金額は高くなるので、早めに申し込む方がいいでしょう。古い電子ピアノは故障をしている可能性も高いため、買い取ってもらえない可能性もあります。電子ピアノは生産開始から9年以上経過しているモデルは、買取不可とされるケースもあります。ただし、人気機種や新しい機種、故障がなく見た目もきれいな製品であれば高額査定を見込めるので、ぜひ依頼してみると良いでしょう。

査定を依頼する場合は、一社ではなく複数の買い取り業者に査定をしてもらい、金額を比較するのが得策です。業者によって金額が変わることが多いので、一社で決めてしまうと損をすることもあります。

現在、電子ピアノは通常のピアノよりも気軽に購入できることもあり、人気があります。中でも人気のある機種などは高額で買い取ってもらえることもあり、買取をしてもらう方法もおススメです。あまり値段が付かなそうなら市役所に連絡して処分する、他の楽器を購入予定なら下取りに出す、人気機種や比較的新しい機種なら買い取ってもらうなど、ケースに応じて使い分けてみましょう。